高機能ガラス

強化ガラスとは

“傷害事故を未然に防ぐ”

板ガラスを約700度まで加熱した後、ガラス表面に空気を吹きつけ、均一に急冷し、表面に圧縮層を持たせます。

同じ厚さのフロート板ガラスに比べると3~5倍の強度を持つため、割れにくく、万一割れた場合にはガラス全面が粒状になるので安全面での特徴があります。

一般のガラスが割れた場合、ガラスは鋭利な刃先となり、人体を傷つける恐れがあります。

ガラスによる傷害事故は、小さなお子様や高齢者に多くみられます。

そんな事故が万一起きた場合、「強化ガラス」なら破片は小さな粒状になり、大怪我をする心配はありません。

住宅はもちろん、学校やオフィス、デパート、高層ビル、ドアのガラスに強化ガラスは採用されています。

ガラスによる事故や怪我を未然に防ぐ、高い安全性を実現した高機能なガラスなのです。

反面、防御力を失うため防犯性能は期待できません。

強化ガラスは万一破損した場合にも破片は粒状となり、一般の板ガラスのように鋭角的な破損状況とは違って危険性が少なく、より安全なガラスです。

合わせガラスとは

“合わせることで、様々な機能を実現”

合わせガラスとは、その名のとおりガラスをくっつけて作られたガラスです。

2枚以上のガラスを強靭な樹脂膜で接着して一体化します。

樹脂膜の力で、割れてもガラスの破片が飛び散りません。

一般的なガラスよりも安全性能が格段に向上しています。

さらに、中間膜を厚くしたり、特殊中間膜をはさむことで、機能追加を実現しました。

例えば、防犯性能・防音効果・紫外線カット・意匠性など、あらゆるシーンで幅広くご利用いただけるガラスです。

安全ガラス(合わせガラス、強化ガラス)のうち、特に脱落防止性能に優れた「合わせガラス」を防災ガラスといいます。

対貫通性能、紫外線カット性能、防犯性能、遮音性能にも優れており、衝撃によりガラスが割れても破片が落ちることはほとんどありません。

合わせガラスの優れた性能

■脱落防止性能

衝撃によりガラスが割れても、脱落防止性能によって、破片が落ちることはほとんどありません。

破壊後にさらなる変形を加えても、飛散率は2%程度。

その破片も最大で約6~25g程度に納まっており、防災性能に優れていることが分かります。

■耐貫通性能

人体がガラスに衝突してしまう事故が発生しても、人体が貫通する事はありません。

ガラスによる大怪我や落下事故といった被害の拡大を防止します。

■紫外線カット性能

中間膜は人体への有害な紫外線を99%以上カットします。

家具やカーテンなどの変色、褐色防止にも有効です。

■防犯性能

中間膜を強靭で厚いものとすることで、バール等を使っても容易に貫通できない防犯性の高い

ガラスに窓からの侵入を許しません。

■遮音性能

遮音性能に優れた中間膜の使用により、驚くほどの遮音性を実現。不快な騒音の進入と室

内の発生音の外部への漏れを防ぎ、快適な居住空間を確保します。

防火ガラスとは

万一の火災に備えて”

もしも火事が発生したら・・・。

日常生活を安心して過ごすためにも、万一の事態に備えておくことは非常に大切です。

その一つが窓ガラス。

火事が発生した際、ガラスはなぜ危険なのでしょうか。

一般的なガラスは、耐熱性能を持っていません。高温の炎で熱せらると、割れてしまいます。

また、ガラスの脱落により火炎の侵入を防ぐことができません。

そこで登場するのが「防火ガラス」です。

主な「防火ガラス」には2種類あります。

(1)金属の網を入れた「網入りガラス」

火災時に破損しても、金属の網がガラスの脱落を防ぎ、火炎の侵入を抑えます。

従来はこの「網入りガラス」が多く用いられてきました。

(2)「防耐火ガラス」

建築用として使用されている板ガラスに、特殊な加工と超強化処理を加えた、防火設備用の耐熱ガラスです。

特徴としては、フロート板ガラスの6倍以上、強化ガラスの2倍以上の強度があります。

万一破損しても、破片は粒状になる安全ガラスです。

網のないクリアな外観と自然な色調が得られ、開放感のある空間デザインを可能にしました。

火災時に万一ガラスが破損した場合、その破片が鋭利であれば非常に危険です。

そこで、「防耐火ガラス」は耐熱性能や遮熱性能に加えて、非常に優れた強化ガラスとしての性能を持っています。

強い衝撃が加わると前面にヒビが入ったような状態になり、鋭利な破片が飛び散ってくることはありません。

また、破損した際には小さな破片となりますので、人体を傷つける恐れはありません。

熱線吸収・熱線反射ガラスとは

“都市環境の中で個性豊かな表情をつくりだす”

ガラスの反射でキラキラと輝いているように見える高層ビル。

遠目から見ても、その輝きが立派さを際立たせています。

そんなビルの窓ガラスに多く採用されているガラスが「熱線吸収ガラス」や「熱線反射ガラス」です。

このガラス、見た目の美しさ以上に、高い機能を兼ね備えています。

名前のとおり、「熱線吸収ガラス」は熱光線を吸収。

日射熱を吸収することにより、ガラスを透過する熱の量を抑えます。

「熱線反射ガラス」は表面の金属酸化物を焼き付けてあり、日射光線を反射します。

キラキラ輝いてみえるビルのガラスの表面は、この金属なのです。

熱を吸収・反射することのメリットは、差し込む日射の量を抑え、暑さを軽減するだけではありません。

それに伴い、冷房負荷が軽減されるのです。

効果的な省エネを実現し、見た目に美しく、地球に優しいビルとなります。

熱線吸収ガラスの特徴

熱線吸収ガラスは、板ガラス組成の中に微量の金属成分を加えて着色されたガラスです。

美しい色彩を持ち、環境のコントロールにも大きな効果を発揮します。

熱線反射ガラスの特徴

熱線反射ガラスは、表面に金属酸化物を焼き付けたガラスで、日射エネルギーを反射し冷房負荷を低減させ、効果的に省エネを実現。

ハーフミラー効果を持ち、都市環境の中で個性豊かな表情をつくりだします。

複層ガラスとは

“基本性能は「断熱」 + 用途に合わせた付加機能”

複層ガラスは、スペーサーと呼ばれる金属部材で、2枚のガラスの間に中空層を持たせたガラスです。

スペーサーを用いて保たれた空間には、乾燥空気を封入してあります。

住まいの快適さを大きく左右する要因の一つ、熱。冷暖房効果の低下や、結露の発生など、熱の移動によって、住まいの快適さを損なう様々な問題が起こります。

複層ガラスは、熱が最も移動しやすい「窓」の断熱性能を高め、それらの問題の多くを解決します。

さらに遮熱や紫外線カット、防犯、防火などの機能を備えた高性能複層ガラスを使うことで、それぞれの地域と住まいにあわせて心地よい経済的な暮らしを実現できます。

お住まいの地域、窓の場所、さらには家のデザインなど様々な観点から、暮らし方を意識して選ぶことが可能です。

複層ガラスは室内の暖房熱を外に逃がさず、同時に外から冷気が伝わるのを防ぎ暖房効果をぐんと高めます。

更に高断熱タイプなら、昼間の太陽の暖かさを取り込みつつ室内の暖房熱を逃がさない機能でより暖かく過ごせます。

不快な結露を軽減できます。

寒い冬や梅雨時に窓に発生する結露は、カーテンや窓枠を汚すだけでなく、シックハウスの原因のひとつとなっているカビの発生を助長します。

冷たい外気の影響を受けにくい複層ガラスなら不快な結露を防ぐことができます。

夏の涼しさを保ちます。

住まいの冷房効果を低下させる夏の強い日差しは、窓を通って進入してきます。

外部からの日射熱を室内に入れにくい遮熱タイプの複層ガラスなら、大きな窓のある部屋でも冷房効果を高め、涼しく快適な環境をつくります。

防犯・防火の性能を発揮します。

2枚のガラスのうち、1枚を防犯ガラスやワイヤレス防火ガラスにする事で、防犯や防火の性能を持たせる事ができます。

断熱性能が実現する快適さに加え、遮熱性能など求められる機能を様々に変えられます。

熱は温度の高いほうから低いほうへ移動する性質があり、この熱の移動を少なくすることを「断熱」といいます。

たとえばダウンジャケットを着ると暖かいのは、羽毛の中にある小さな空気の層によって熱の移動を抑えているからなのです。

空気は熱の逃げ道を防ぐのに効果的で、複層ガラスもダウンジャケットと同様に中空層の中にある空気によって断熱しています。

中空層は通常6mmと12mmの厚さがあり、12mmのほうが断熱性能に優れています。

それ以上の厚さになると空気の対流が生じるため断熱性能は変わらなくなります。また、遮熱の性能値は中空層の厚さの違いによる差はほとんどありません。

真空ガラスとは

“真空は熱を伝えない”

そんな科学的原理を活かし、世界初の真空テクノロジーを駆使して生まれたガラスが「真空ガラス」です。

熱の伝わり方には「伝導」「対流」「放射」の3形態があり、この3つをおさえればおさえるほど、高い断熱性を生み出し、心地よい暮らしが実現できます。

真空ガラスは2枚のガラスの間に0.2mmの真空層をつくることで、熱の「伝導」と「対流」を防ぎ、「放射」は高断熱特殊金属膜で抑えています。

そのため冬は暖房負荷を軽減し、夏は日射熱を反射して、「冬は暖かく、夏は涼しい」環境をつくりだします。

また単板ガラス用サッシに装着できるという特徴も備えていますので、既存住宅の窓のリフォーム断熱化も可能です。

エネルギーを上手に活かし、快適な暮らしに役立つ真空ガラスは、地球環境保護(CO2削減)という視点からも、大きな貢献が期待されています。

こちらの情報は 日本板硝子様のホームページ内文章から認可を受け掲載しております。

日本板硝子
ガラスワンダーランド
アーキテクチュアル
ガラス カタログ
エコ ガラス
真空ガラス
防犯ガラス
スペースモジュレーター

Copyright(c) 2015 古神ガラス All Rights Reserved.Designed by o2BusinessTheme